アモキシシリンの副作用を詳しく紹介しておきますのでこちらも是非確認を!

溶連菌やその他の風邪などの症状で細菌感染したことが原因になっている場合には抗生物質の処方があります。その中で一番有名と言えるのがペニシリン系の抗生物質です。

ペニシリン系の抗生物質ではサワシリンという薬の名前で成分がアモキシシリンという薬が有名です。

乱雑に置かれたいろんなお薬

処方は溶連菌だけではない

処方されるのは溶連菌だけではありません。細菌が原因で感染症を起こした場合にはほとんどの場合は処方されることが多い薬でもあります。

しかし幅広く日常的に使用されている割に、怖い病気を引き起こしたり怖い副作用などもありますので十分な注意が必要です。

副作用について

多くの人が副作用として認識しているのは下痢です。下痢になるメカニズムは単純で、細菌を殺す働きをしていることから、腸内細菌として体にとって良い働きをしてくれる細菌まで殺してしまうのです。

その結果としてこれまでバランスのとれていて腸の中のバランスが取れなくなりますので、その結果として腸内バランスの崩れから副作用の下痢が起きるのです。

下痢の症状も人によって様々で少し便が柔らかくなる程度の人もいれば、水様便になってしまう人などいますので、程度があまりにもひどい場合には早めに医師に相談をしたほうがいいでしょう。

アレルギーの症状

またひどいアレルギー症状としてアナフィラキシーショックを起こす人もいます。アナフィラキシーショックを起こしてしまうと呼吸困難や息苦しさ、じんましんなどが起こることもありますので十分な注意が必要です。

アモキシシリンを服用する際は自己判断で中止しないことはもちろんですが、副作用にも注意して服用しなければ、治療だけでなくそれ以外に体への害が起きることもあります。