溶連菌治療薬アモキシシリンはペニシリン系の医薬品であるということを知っておいてください

溶連菌の治療に使用されるアモキシシリンはペニシリン系の抗生物質です。世の中には様々な抗生物質がありますが、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

抗生物質のペニシリン系の効果や副作用を見ていきましょう。

いろんな種類のお薬

アモキシシリンはサワシリン

サワシリンという名前で処方されている薬がアモキシシリンです。ペニシリン系の薬で溶連菌をはじめとする感染症の治療として使用されている薬です。

ペニシリン系で使用されている抗生物質の代表的なものですが溶連菌だけではありません。咽頭炎や気管支炎、肺炎球菌などの治療にも使用されますし、中耳炎にも処方されます。

喉の風邪や中耳炎など幅広いジャンルで使用されているのですが安全性が高いと言われていますが副作用もあります。

副作用の注意点

副作用はどのような薬にもあります。体質が合わなかったから副作用が出るというわけではありません。副作用というのは、主に作用副作用としてもともとその薬にあったものですので、薬の体質が合わないから副作用が現れているのだと思っている人は間違いですので気をつけましょう。

ペニシリン系でも少なからずもともとある副作用はあります。主には下痢の症状が一般的です。どうしても下痢になってしまう人は相談すれば薬を変えてもらうこともできるかもしれませんので、一度相談しておくといいかもしれません。

人によって副作用の出方は違っていますし、人によって副作用がでないこともありますが、飲み始めて体への異変を感じたら一度中断するといいかもしれません。

アモキシシリンは安全性の高い薬と言われていますが、必ずしも副作用が出ないわけではありませんので注意して服用していきましょう。