感染症に感染して使用されるアモキシシリンはどれくらいで効果が現れるのか?

アモキシシリンは様々な感染症に使用される薬ですが、どれくらいで効果が現れるのでしょうか。注意しなければいけないことは、感染症の症状が改善されたからといってすぐに使用を中止しないことですね。

耐性菌ができるので注意しましょう。

いろんな色のお薬

服用後

服用後は大半の人が2日程度で症状が改善されると言われています。喉の痛みがあり発熱していた人でも翌日には、薬を飲んだ効果が現れて更に3日後には、痛みもほとんどない状態まで改善すると言われています。

しかし注意したい点としては、改善したからといって途中でやめてしまうことです。

症状が改善したらやめたくなる

症状が改善したら誰もが薬を飲まなくなる気持ちもわかります。いつまでも改善しているのに薬を飲んでいたら体に悪いのではないかと思ってしまう気持ちも分かります。

しかしそれは間違いですので気をつけましょう。なぜなら改善したからといって体の中で細菌が完全に除去されたわけではないからです。

確かに細菌による悪さは飲み始めてすぐに改善されたように思えるかも知れないのですが、それはあくまでも一時的なことです。

一時的に改善されたかのように思えただけで、体の中にある細菌が完全に除去されたわけではありません。

体の中の細菌が残っていたら

もし残っているのに薬を途中でやめてしまったらどうなるともいますか?残っていた細菌は悪さを始めます。しかもそこで慌てて残りの薬を飲んでももう手遅れなのです。

なぜなら効かなくなってしまうからなのです。耐性菌と言って薬が効かず途中で薬をやめて再度飲み始めるとその時飲んでいた薬が効かない菌が生まれてしまいますので、しっかりと最後まで飲みきるようにしましょう。